かっぱ寿司

かっぱ寿司の流儀。それは美味しく、楽しくお寿司を食べてもらうための数え切れないほどのこだわり。こだわりの全てを紹介します。

かっぱの流儀002 皮引き

魚の鮮度を保ってくれるのは、
最新の冷蔵庫だけではありません。
実は、魚の皮も重要なひとつ。
皮が空気から身を守り、
酸化しにくくしているのです。
だから、かっぱ寿司では鮮度を保つため、
店内で、はまち・ぶりの「皮引き」を行っています。
皮と身の間にある銀皮をのこすように、
絶妙な角度で包丁を入れ、皮を引く。
すると、口にしたときの脂ののりや
食感がまったく違うのです。
ぜひ自慢のはまち・ぶりで、
その熟練の技を味わってください。