かっぱ寿司

かっぱ寿司の流儀。それは美味しく、楽しくお寿司を食べてもらうための数え切れないほどのこだわり。こだわりの全てを紹介します。

かっぱの流儀004 酢の熱打ち

お寿司の基本である、舎利。
ほのかな香りと口どけの鍵を握るのが、
ごはんにお酢を打つタイミングです。
酢は熱いうちに打て、と言うように、
かっぱ寿司では、必ず炊きたてのごはんに
お酢を打つことを心がけています。
アツアツのごはんと混ぜると、
お酢がまんべんなく行き届き、
香りもひろがりやすく、
一粒一粒に美しい光沢が生まれるのです。
基本にこだわることで、
美味しさにこだわっています。