店舗にて、手間暇をかけた仕込みを行っております。

鮮度を保つため、常にマイナス50度以下で超低温保存されていて赤身は人肌の「温塩水」で解凍することで、うまみを逃すことなく、変色しがちな温度帯を一気に突破でき、美しい赤身に仕上がります。
そして、中とろは低温水解凍、大とろは水洗い。部位や種類に合わせた解凍方法を使い分けています。

かっぱ寿司では、新鮮な素材が毎日配送されるだけでなく、店内でまぐろや鮮魚の「切りつけ」を毎日行っています。
身の繊維をきれいに断ち切るため、熟練した技で包丁を入れていき、一枚一枚丁寧に切り付けています。
そうすることで、鮮度を最大限に保ち、旨さを引き出すことができます。

中とろ / 中とろ塩炙り

かっぱ寿司自慢の中とろ

バイヤーも現地で直接確認して仕入れを行うこだわり。主に養殖「みなみ鮪」を使用。脂の甘みと、赤身の旨みが調和し、鮪本来の美味しさを楽しめます。炙りは、軽くふった塩が 素材の旨みを引き出し、にじみ出る脂と香りが食欲をそそります。レモンをひと切れ添えて。

まぐろ

不動の人気。美しい赤身

天然の赤身。実は漁法にもこだわりがあります。一本の長い幹縄に、沢山の枝縄と釣針を取りつけて魚を獲る「延縄漁法」で獲れた鮪だけを仕入れています。
1尾ずつ水揚げするので、手間ひまはかかりますが、品質のよい鮪が漁獲できます。旨みがあり、上品な後味。不動の人気商品です。

びん長まぐろ

仕入れにもこだわりが

天然を使用。直接まぐろ船の船主ともつながりがあり、信頼できる船主からの、
びん長まぐろを調達・加工しているほどのこだわり。口に入れると、とろっと溶け、旨みと甘みが広がります。

※店舗により取り扱い商品が異なる場合がございます。天候、入荷状況等により品切れの場合はご容赦ください。※掲載写真はイメージです。実際の商品と季節によりトッピング等が異なる場合もございます。

TOPページへ戻る
TOPへ